概要

北陸秋物語 No.59 日本の美は北陸にあり。

かつて御泉水(おせんすい)屋敷と呼ばれた養浩館庭園。池の周りを巡りながら鑑賞できる回遊式林泉庭園で、ライトアップ時には光に照らされ輝きを放つ紅葉が水面に映し出されます。美観を楽しみながらの「お茶会」も人気です。さの中に幽玄の世界が広がります。また、庭園鑑賞が水鏡に映し出され、息をのむような美しさ。静け葉シーズンに合わせたライトアップでは、色づく木々下旬紅に葉かのけ名て所園と内しはて鮮もや知からなれ色、9に月染下ま旬りかまらす。紅11月浩然の気を感じ取ることができそうです。う」に由来するといわれ、美しい水辺にたたずめば、な心を表す孟子の言葉「浩然(こうぜん)の気を養親は16代福井藩主・松平春嶽(しゅんがく)。大らかが四季折々の表情を醸し出します。養浩館の名付け際の建物との調和も見事。手入れの行き届いた樹木には築山や遣水、自然石の橋、飛石などが配され、水ろいで庭の眺めを堪能することができます。池の周りれており、かつて藩主がそうしたように、座敷にくつ元。建物から庭を望む視線の高さまで忠実に再現さ絵図や発掘調査をもとに平成5年(1993)に復建物は戦時中の福井空襲により焼失したものの、が庭園のみずみずしい趣を印象づけます。池の水面がのびやかに広がり、その豊かな水の風景上位にランクインしています。敷地の大半を占める表する名園として米国の日本庭園専門誌では毎年福井藩松平家の別邸として造られ、江戸中期を代で別世界のような静寂さをたたえる養浩館庭園。福井市の中心部にありながら、街の喧騒とはまる光の中に浮かぶ錦きんしゅう繍の庭園養浩館庭園ライトアップようこうかんていえん福井の魅力をきらめく光で彩ります。レトロな港町、奥越の豊かな自然。幕末の日本に足跡を残した福井藩の面影、大陸へと開けたFukui福美井しがい誇光るで歴演史出とす自る然?0776-20-5367(福井市文化振興課)□所福井県福井市宝永3-11-36□交JR福井駅から徒歩約15分□時9:00~19:00(11月6日~2月末は~17:00、入園は閉園の30分前まで)□休無休□料入園210円【養浩館庭園ライトアップ】□期9月2 8日(金)~1 1月2 5日(日)の金・土・日曜、祝日、祝前日□時17:00~21:00(入園は~20:30)□料入園210円【お茶席で名庭鑑賞】□期9月2 9日(土)~1 0月1 5日(月)※1 0月1 1日(木)除く、1 0月2 0日(土)~1 1月1 8日(日)の土・日・祝□時10:00~16:30※11月10日(土)以降は~16:00□料1席500円※別途入園料が必要詳しくは養浩館庭園ライトアップ検索コチラもCheck!あたござか愛宕坂灯の回廊福井市街の南西に位置し、市民の憩いの場として親しまれている足羽山(あすわやま)。その北東の麓から足羽神社へと続く愛宕坂は、足羽山で採掘された笏谷石(しゃくだにいし)の階段が続く趣ある坂道。坂の途中には橘曙覧記念文学館や愛宕坂茶道美術館があり、歴史や文化の薫りが漂います。ライトアップイベント「灯の回廊」では145段の愛宕坂に140個の行灯を並べ、石段を幻想的に彩ります。復元された数寄屋造の屋敷から望む庭園。座敷のすぐ目の前に池が広がり、その景色は見飽きることがありません。建物内は、螺鈿細工を施した棚など細部まで意匠を凝らした造りがみもの。?0776-20-5367(福井市文化振興課)□交J R福井駅からコミュニティバスすまいる照手・足羽方面ルートで約2 1分、愛宕坂下車すぐ□期10月6日(土)~8日(月・祝)□時17:30~20:30※期間中、福井市橘曙覧記念文学館と福井市愛宕坂茶道美術館は20:30まで開館■駅レンタカー福井営業所?0776-25-3150北陸秋物語4