概要

北陸秋物語 No.59 日本の美は北陸にあり。

10北歴陸史のと日風本情遺を産感めじぐるり、お食事&Barクーポン金沢美味金沢ライトアップバス金沢城・兼六園ライトアップ【秋の段】08石川加夜賀空百に万し石っのと輝りきと映える富山湾鮨一献セット相倉合掌造り集落ライトアップ富岩運河環水公園ライトアップC O N T E N T S06富山彩ロらマれンチたッ富ク山なの灯夜りをに堪能敦賀港イルミネーションミライエスキージャム勝山ジオ・イルミネーション幕末明治福井150年博プロジェクションマッピング養浩館庭園ライトアップ04福井福美井しがい誇光るで歴演史出とす自る然「美観」を眺める旅を。北陸の秋ならではの「日本遺産」の認定地の数々です。北陸の古き良き風景が今もしっかり残る、そしてまた秋にこそ訪れたいのが幻想的な雰囲気が満喫できます。あちこちでライトアップが行われ、北陸の美しい風景の数々を、夜に眺めること。この秋におすすめしたいのが、北陸には、日本が誇る「美」の数々があります。確認したものです。都合により内容が変更となる場合があるため、お問合せのうえおでかけください。おとな1名の料金です。◆本誌掲載期間(2018年9月1日~11月30日)の定休日以外の休業(臨時休業など)は一部省略しています。□所場所□交交通?問合せNo.59E v e n t■10月13日(土)~3月10日(日)石川灯りの色が30分ごとにピンク色から黄金色に変化2019年?0768-23-1146(輪島市観光課)所石川県輪島市白米町ハ部99-5時日没~約4時間料見学無料交JR金沢駅から北鉄奥能登バス輪島特急で約2時間15分、道の駅ふらっと訪夢(輪島駅前)下車、北鉄奥能登バス町野線に乗り換え約20分、白米千枚田下車すぐ●詳細は白米千枚田あぜのきらめき検索高岡万葉まつり万葉集全20巻朗唱の会?たかおかまんようまつり高岡は、奈良時代に『万葉集』の編者であり歌人でもあった大伴家持(おおとものやかもち)が、国守として5年間赴任していた地。それにちなみ、万葉集全20巻4,516首を、約2,000人の参加者が三昼夜かけて朗々と歌い継ぐ一大イベントが開催されます。今年は、初の試みとして水上ミニコンサートを行います。家持が越中時代に詠んだ名歌に曲をつけて歌い込むというものです。舞台は高岡古城公園内の濠に設置された特設の水上ステージ。会場への道しるべには燈火が灯され、幻想的な雰囲気の中で万葉ロマン漂う幽玄な三夜を体験できます。■10月5日(金)~7日(日)富山彩り豊かな奈良時代の装束で日本最古の歌集『万葉集』を披露?0766-20-1301(高岡万葉まつり実行委員会)所富山県高岡市古城1-1交JR新高岡駅から城端線に乗り換え約3分(または路線バスシャトル6で約8分)、高岡駅下車、徒歩約10分●詳細は高岡万葉まつり検索2